食物繊維と善玉菌

善玉菌に対する食物繊維の作用

便秘と言えば食物繊維・・・みなさん知っていますよね?

 

ではなぜ便秘には食物繊維が良いのでしょうか?
食物繊維はお腹の中で膨らむのです。
食物繊維をたっぷり含んだ食品を食べる事により腸内で食物繊維は膨らみ腸の動きを促し便の排泄を楽にしてくれます。

 

そんな食物繊維の仲間には善玉菌を増やす働きをもっている種類もあるのです。

 

食物繊維の種類って知っていますか?
食物繊維は2種類あり不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。
水に溶けにくい食物繊維と水に溶けやすい食物繊維です。

 

不溶性食物繊維は、水に溶けにくいですが腸内で水を吸収して膨らみます。
その結果、膨らんだ食物繊維で腸を刺激して排便が促されるのです。

 

その他、発ガン性物質などの有害物質を食物繊維で吸着し、便と一緒に体外に排泄するのです。

 

水溶性食物繊維は、水に溶けてしまいます。溶けた食物繊維は便を粘りのあるほどよい硬さに調整してくれ便が腸内をゆっくり移動するのです。

 

便の腸内移動がゆっくりなので急速に糖分を吸収することを抑えることができ血糖値の急激な上昇を防ぐことが出来ます。

 

そんな食物繊維にはやはりバランスがあり不溶性食物繊維:水溶性食物繊維=2:1のバランスが理想だと言われています。

 

そして水溶性食物繊維が善玉菌を増やすと言われています。
水に溶ける水溶性食物繊維は腸内細菌にとっては分解しやい食物繊維です。

 

分解しやすい為、細かく分解され、善玉菌のよいエサとなり乳酸や酢酸といった酸をつくりだしてくれます。それにより善玉菌が住みやすい酸性の腸内となり悪玉菌が棲みにくい環境となります。
それにより善玉菌は増えるのです。

 

では水溶性植物繊維は、何に含まれているのでしょうか?

 

にんじんやごぼうの根菜類やアボカドやオクラそしてわかめや昆布などの海藻類のにも多く含まれます。

 

是非、溶性食物繊維:水溶性食物繊維をバランスよく摂り腸内環境を整えましょう。